桜月ヘイズルのブログ

twitterではくっそ長くなると判断した時の情報発信ツール

ガンダムビルドファイターズトライの話

タイトルがクソ長くなりそうなので、こうとどめておく。

本当は「どうしてガンダムビルドファイターズトライが不評、という話を聞いてしまうのか」

いくつか、納得の行く理由を聞けたので、そこからキハール[空猫]が思うことを書いてみる。

 

◆3対3でバトルなのに、連携があまり描かれていない

主人公チームである「トライファイターズ」だとか宮里学園ぐらいか?

トライファイターズと宮里学園の対決している話は、そこそこあったと思う。

だが、ひどいのは「素組みのシモン」。

最終的にシモンとセカイのタイマンバトルで、他は場外に飛ばされるっていう。

前後関係を知れば、彼らの行動はわからないでもないが

チーム戦というところに重きを置くと、マイナス点であることには間違いはない。

 

◆ホシノ・フミナや”ギャン子”のスタイル

胸部質量デカすぎ。まだ、ギャン子はわからんでもないが。

ギャン子はこう、体のバランス取れてるって感じがするが、ホシノ・フミナはどうだ。

あれだけ胸部質量大きくて、って。よくありがちなパターンだろ、これと思うのだ。

pixivで「ホシノ・フミナ r-18」で検索すると、驚くことは間違いはない。

ちなみにホシノ・フミナの設定は中学生の設定。一体、どういう食事と運動をすれば、ああいうスタイルになるんだ?

 

◆テーマ性が前作より下がっている

ガンダムビルドファイターズはガンダムのプラモデル、通称ガンプラの話だ。

その「ガンダムのプラモデル」という点。「プラモデル要素はどこへ行った?」

全国大会は前作同様の可能性が、公式から示唆された、と筆者は思う。

地区予選大会であまりにも壊れないので、それに関しての発言がリアルタイム実況後に噴出した。

「ダメージレベルB」は、派手に戦って腕が吹き飛ぼうが、メガビームの攻撃で半身が焼き切れようが、リアルのガンプラには、反映されない。

そこが問題であろう、と思っている。ヤシマ商事のやさしみ、ということなら納得がいくが。

 

筆者は、面白い番組として見ているが、どうしてこうも不評なのかというところが疑問だった。

そして、納得の行かないGBFT関係のツイートに対して、「次言ったら貴様を観測外に置くぞ」というツイートをした。

少々大人気ないかもしれないが、今であれば納得の行く理由が揃ったので、矛先を収めようと思う。